スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま、殺りにゆきます。

 コミック版の「いま、殺りにゆきます」を読みました。
 ページを開く(右ページ)と「変○娘」の文字と色っぽい?表情をしたネーチャンが目に飛び込んできた! 左のページでは白い布?で顔を覆った男が…。
 ある意味怪しいコラボレーションで幕を開けます。(って、右のページは関係ないんですがね…)
 
 内容としては「いま、殺りにゆきます」の原作から12篇を漫画化、4篇を傑作選として掲載されている。(出来れば文字の方は新作で読みたかったのですが…)

 個人的に、原作の漫画化はハズレの場合があり、ガッカリすることがあるんですが、本作は成功されていると思います。

 しかし、虫系の話は気持ち悪い……。

 こんな事が、現実に行われていると考えると恐ろしいです。

 まだ、平山先生の実話恐怖譚を読んでいない不用心な方は是非、平山夢明さんの「東京伝説」シリーズ(竹書房)、「いま、殺りにゆきます」(英知出版)共々、自己防衛のため読んでみてはいかがでしょうか?
 確実に、危険察知能力がアップします!
 (ただ、人によっては過敏になりすぎる事も…)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。