スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心に残った幽霊供養」読了。

 今日は昼から外で焼き肉大会、ビール等を飲み結局夜7時くらいまで飲み続けることに、さすがに辛い…。
 
 帰ってきて休憩後、早速高田寅彦さんの「心に残った幽霊供養」を読み読了。(発売から3年ほど経過し出遅れましたが)

 一話目の『魂が宿った人形』からブルってしまうんですが、他では『封印された怨霊』『大阪、一心寺にて』『丑の刻参りの女』が特に印象に残っています。『大阪、一心寺にて』は戦争時についての悲惨さも生々しく語られています。
 その他の話もどれも興味深い話ばかりでした。
 最終話の『霊が棲む寺での対話』では、ある住職の霊との対話の記録や幽体離脱についても語られています。
 この本は実話怪談ファンにはたまらない一冊ですね! 続編が発売されれば是非購入したいです!

 この本を読んでいる途中、勝手にバケツの蓋が突然飛んで床に落ちたりしたんですが、気のせいにしときます…。(ビョークさんのCDを聞きながらという組み合わせが悪かった? と言う事にして聞くCDを入れ替えましたよ!)

 なんか最近実話怪談本を読んでいると何かが起きるような気が…。
 部屋も『ビシッ』『バシッ』とラップ音? がよく聞こえます。
 どの本が悪かったのか? 本とは無関係なのかわかりませんが、最近ちょっと変なことが続きます。今までこんな事はあまりなかったんだけど…。

 「『超』怖い話Κ」発売までは実話怪談本を自粛しようかな…、でも「幽」くらいなら大丈夫かな?
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。