スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年になりました。

読んだ実話怪談本を紹介。

『因ル話 現代百物語』竹書房文庫(2013)
 西浦和也著
 『現代百物語』シリーズ第8弾。
 99話収録。
 印象に残った作品は、「くだん」「ミサコ」「島の旅館」。
 「百・因ル話 あとがきにかえて」の体験談ドラマを見ていたので、後日談が読めたのは良かった。
 この本では『おまえらいくな。』ネタはもういらないかな。
 第31話「バックモニター」のP68は、第28話「ついてくる男 その二」のP59の文章が誤って掲載されているので注意が必要です。 

『不安奇異夜話 不明門の間』竹書房文庫(2013)
 ファンキー中村著
 35話収録。
 印象に残った作品は、「不明門の間」。
 「う~ん」という感じ。
 この語り口はあまり良い印象を受けない。

『心霊ウワサの現場』長崎出版(1997)
 小池壮彦著
 10話収録。
 夏川ミサエの話を完全版で読みたい。

『錯乱現代百物語 新耳袋殴り込み発狂の島』洋泉社(2013)ギンティ小林著
 『新耳袋殴り込み』シリーズ第7弾。
 収録作品は、「沖縄侵攻作戦を決定する二十五の話」「ユタの修行場「スリーエスカーブ」に潜入する十三の話」「入ると気がふれる「大山貝塚」を挑発する二十の話」「沖縄最大廃墟「中城高原ホテル」で起こった十八の話」「沖縄最大の激戦地・大度海岸で戦没者の霊に呼びかける二十三の話」。
 今回は、怪異はあまり起こっていないようですが、DVDでは知り得ることのなかった、ギンティ氏の視線から見た壊れていく人間模様が語られています。
 沖縄という土地はまだまだ色々と巡るべきスポットがありそうなので第2弾にも期待したいところです。
 北海道民としては、北海道編も早く読みたいところです。

 平山氏の『「超」怖い話ベストセレクション3 懺骸』を読み始めましたが、やはり良いですね。
 2012年12月発売の竹書房文庫の2冊がイマイチお勧め本ではなかったので、ベスト版とは言え楽しめそうです。

 2013年となって、2週間くらい経ちましたが、今のところ仕事面での運気は低調のままです。
 嫌な出来事が発生し、ストレスで体調も絶不調となり、心も折れそうになりましたが、何とか持ちこたえているところです。
 とりあえず楽しい出来事を見つけて、ストレスを解消していきたいですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

FC2カウンター

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。