スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『異聞フラグメント 悪霊』読了。

『異聞フラグメント 悪霊』竹書房文庫(2012)
 松村進吉著
 平山夢明監修のFKBシリーズ第11弾。
 『異聞フラグメント』シリーズ第2弾。
 31話収録。
 印象に残った作品は、「ある通夜」「工場」「フラグメント庚」「案内」「想い」「フラグメント壬」「合宿」。
 特に印象に残った作品は、「悪霊」。

 序盤から中盤の作品は、シンプルながら的確に怖さが表現され、終盤は、禍々しさも増し、超危険な話「悪霊」でヤラレました。下手したら命まで取られるかも……
 「フラグメント庚」は、興味深い話で、「想い」は、ページをめくった瞬間に、そういうことかと納得させられました。

 この本は、2012年度の実話怪談本№1候補。
 松村氏の書く、実話怪談は今後も楽しみです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。