スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『「超」怖い話Τ』読了。

『「超」怖い話Τ』竹書房文庫(2011)
 松村進吉著
 
 取材者と体験者…
 ぎりぎりの関係から、
 奈落の底が開く!
               ~ 帯より ~
 
印象に残った作品一口メモ
・ある要因 → 専務がその要因?
・不詳の断片 → その連鎖が続いているかも……
・掴む手 → 苦しんで亡くなったのでしょう。
・待合室 → 言葉を発していなかったら……
・ご注意 → 奇妙な町。
・手を貸す → 解決したのでしょうか。家の周りをうろつく女の正体は。
・忘れ物 → 何故ウイッグ?
・再 → 定番ですが、こういう話好きですね。
・おいてけ → 不可解な話。
・忘縁 → 忘れられたモノ。
・裏の病院 → 不気味な話。
・いてあげる → 話されたくはなかったのでしょうか?
・こちらです → ヤバイ場所。

 印象に残った率 .419(13話/31話中)

 突出した作品はありませんでしたが、全体的に楽しめた一冊。
 この手の話の書き手を続けることは大変そうですね……
 無理しないで欲しいと思っても、無理しなければ多くの怪異をまとめ上げるのは無理なのでしょうね。

○最近読んだ本(又は作品)
・「超」怖い話Τ(松村進吉)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。