スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽霊物件案内2」読了。

小池壮彦さんの幽霊物件案内2を読みました。

 2001年に発売された小池氏の怪奇探偵のマル秘情報ファイルシリーズの第二弾。
 入手した当時は、『ホテル特別編』の章だけ読んでその後、積読していました。
 62話収録。 
 
○印象に残った作品一口メモ
・幽霊ホテル後日譚 → 不思議な話。夢ネタ。
・部屋にあったビデオ → ビデオの中身は……。怖い。
・宿の姉妹 → 気になる話。
・岐阜の幽霊住宅騒動 → 有名な話ですが、現在はどうなっているのでしょうか?
・ドール・ハウス → 不思議な話。
・窓がない → 都市伝説とも思えますが、怖い話。
・心霊写真 → 写っていたモノとは……
・十字架 → 十字架が苦手な方と言えば……
・夜の声 → 夜中に聞こえる主婦の声。その正体は。
・虹子 → 前話の「ボトルキープ」と併せて読むと……
・封印された旧館に纏わる話 → 山の上にある閉鎖されたホテルの旧館に纏わる話。

 印象に残った率 .177(11話/62話中)

 特に印象に残ったのは、「封印された旧館に纏わる話」。
 この話は、何度も読んでいますが、やはり実話怪談では外すことの出来ない作品です。
 その後日談が、『怪奇事件はなぜ起こるのか』に記載されていますので、気になった方は是非一読を!
 『怪談 FINAL EDITION』に再録されている作品もありますが、『幽霊物件案内』シリーズは是非、角川ホラー文庫から、復刊して欲しい一冊。
 本書は満足度は高いです。という意味で考えると、印象に残った率と、内容の満足度が必ずしも一致するわけでも無いようですね。

 先週から仕事がキツく、ヘロヘロ状態ですが、今週から今月末にかけてより大変な事となりそうです。
 6月からはある程度通常業務となりそうですが(希望も含めて)、読書等趣味の時間がとれるか心配です……
 とりあえず、三津田さんの『首無の如き祟るもの』を読もうかと思っています。
 
○最近読んだ本(又は作品)
・幽霊物件案内2(小池壮彦)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。