スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪談実話 FKB話 響宴」読了。

怪談実話 FKB(不思議で 怖くて 不気味な)話 響宴を読みました。

 すべて、実話だそうです。
 贅沢な十六色の筆が読者を脅かしてくれます。
 お好みの歪みに堕ちてみてください。
 震(F)えても、壊(K)れても、ビ(B)ビっても、
 後はどうなっても——知りません。 京極夏彦
              ~ 帯より ~

 著者は、平山夢明、真藤順丈、福澤徹三、黒史郎、松村進吉、黒木あるじ、田辺青蛙、牧野修、円城塔、岡本美月、宍戸レイ、朱野帰子、かでなれおん、小松エメル、小鶴、神薫の十六名。

 31話収録。 
 
○印象に残った作品一口メモ
・選ばれた新人 → 場所を変えた方が良さそうですが……
・フェルトの熊 → 熊のマスコットに込められた想いとは。
・放課後心中 → 生徒達が可哀想。
・スキマ → 容量オーバーしてしまったのでしょうか。
・約束の痕 → どんな約束をしたのか?
・シオノイエ → 明らかに何かありそう。
・黒猫 → 気づくことが出来て良かった。
・めの字小屋 → 何も知らずに小屋に入ったとしたらとても不気味。
・吐き気 → 若気の至りが招いた怪異。
・怖い話のおばさん → 仲良しの友達を救うため。
・車輪の家 → 何を見てしまったのだろう。
・姉の部屋 → 姉でないのであれば、誰なのでしょうか……
・獏にあげます → 友達がいつも謝る訳とは。
・大黒 → 給料が良くても……
・呼声 → 肉親として通じるものがあるようです。
・またがり → いくつもの小さな命を奪う場所。その部屋に住まわせる医者もどうかしている。
・無縁神社 → 何のために建てられたものなのか。

 印象に残った率 .548(17話/31話中)

 FKBシリーズ早くも第六弾です。
 印象に残った率から見てもかなりレベルの高さを感じました。
 黒木あるじさんの「呼声」は、この大災害の後という事もあり、印象深い作品です。
 円城さんの作品は、よく分からなかった……
 お勧めの一冊。

○最近読んだ本(又は作品)
・怪談実話 FKB話 響宴(平山夢明他)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。