スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憑ク話 現代百物語」読了。

 西浦和也さんの憑ク話 現代百物語を読みました。

 『現代百物語』シリーズの第五弾。
 「獄の墓」の続編も掲載!

○印象に残った作品一口メモ
・憑依なんですか? → なかなか、ぶっ飛んだ展開。
・祖父からの手紙 → 祖父の遺品の中にあった三通の封書。そこに書かれていた内容とは……
・獄の記憶 → 結果として、これで良かったのでしょう。
・ギィィィ → ノートに書かれた人達は無事なのでしょうか?

 今回は、全体を通して安定感があり一冊を通して楽しめました。
 これを読み終えた後、何か怪異が起きたら、是非西浦氏へ報告しましょう。

 昨日、この本を読み終え『女たちの怪談百物語』を読み始めると耳元で「フフフフフ」(女性の声だと思われます)と囁かれました……(一瞬ゾクッときましたが気のせいということにしておきます)
 この場合は、どっちの本の影響でしょうか?

○最近読んだ本(又は作品)
・憑ク話 現代百物語(西浦和也)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。