スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「「超」怖い話 怪災」読了。

久田樹生さんの「超」怖い話 怪災を読みました。

 久田氏による単著版「超」怖い話の第四弾。
 今回も読後のずっしりとした重い「厭感」を感じる事となるのでしょうか。

○各話メモ
・天の檻
 「小糠雨」「濛雨」「黒雨」「連雨」「私雨」
 → 【テンノカミサマ】に嫌われた家系の話。

・蝶子さんのこと
 「写真のこと」「見たもののこと」「パワーストーンのこと」「蝶子さんが子供の頃のこと」
 → 「パワーストーンのこと」での友人の夢の話が何とも厭な感じ。

・制作の現場から
 「第九スタジオ」「マンション」「ヴォイス」「忙しいンだって、全く」「叶監督」
 → 制作現場関係者の様々な体験談。

・真下の恋
 「出会いはいつも突然」「ラッキーアイテムはケータイ!」「日課はぽっかんと忘れた」「変わることを恐れないで」「下っ腹に力を入れてゴー」「ベストフレンドがいいよね」
 → 結局、懲りない真下君でした。

・告白
 「告白 その一」~「告白 その二十」
 → 逃れられない災厄を背負ってしまった母子の告白。

 「天の檻」と「告白」は、その「家」に生まれてしまった為に降りかかる災厄で、逃れることが出来ないのでしょう。
 厭な話が大半を占めた本ですが、真下君のその後や今後のネタに期待出来そうな蝶子さんの登場等、久田版「超」怖い話には、今後も楽しみです。

 そういえば、黒木あるじさんの『震』は、真「超」怖い話では無かったようです。
 発売前のアマゾンでの書影では、確かにその表紙だったのですが、発売後にはすり替わっていました。
 色々とありそうですが、個人的には純粋に怖い話が読めれば良いので、憶測だけの詮索はどうかと思うところです。
 早速、『怪談実話 震』を読みます。

○最近読んだ本(又は作品)
・「超」怖い話 怪災(久田樹生)
  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。