スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「東京伝説 墜ちた街の怖い話」読了。

平山夢明さんの東京伝説 墜ちた街の怖い話を読みました。

 久しぶりの平山氏による実話恐怖譚の新作。
 新聞にも載らない恐怖体験。
 この本が出ると言うことは、やはりこの国は平和では無いのでしょう。   
 相変わらず、どれも印象深く、自分はそんな目には遭いたくない話ばかりです。

○特に印象に残った作品一口メモ
 ・吐く女 → 気持ち悪い……。
 ・懇親会 → どの位の借金だったのでしょうか?
 ・復讐学旅行 → 忘れてしまうのが一番かも。
 ・雨の女 → 近寄ると……。
 ・山の自販機 → すぐ乾かない接着剤なのでしょうか? 逃れられない恐怖。
 ・夜の鍼 → それなりの覚悟が必要。
 ・カンナ → マンションの最上階は危険……。生き地獄。

 本書は、身近に感じられる話が多数あり、より恐怖を感じられました。
 この国は、どんどん悪い方向へと向かっているのでしょうか?
 出来れば、「東京伝説」で語られている話が「都市伝説」であってほしいですが……。
 近所にも、そろそろ何かをやらかしそうな人もいるので、その被害者とならないようにしなければ……。
 
 秋の怪談シーズンが始まります。
 今月は、「超」怖い話 怪炎(久田樹生)、震<フルエ>(黒木あるじ)。
 来月は、恐怖箱 地縛、怪談社2。   
 上記は竹書房文庫から出版される本ですが、その他にも、女たちの怪談百物語(東雅夫編)等、他の出版社からも色々と発売予定があるようです。
 とりあえず、これから「恐怖箱 鬼灯」「怪談倶楽部 幽魂」を続けて読むつもりです。

 そういえば、少し前に京極夏彦さんの「冥談」の朗読CDが当たり届いていたのですが、未だに開封すらしていません。早く聞きたいけど、貧乏性なので開封するのが勿体ないという気持ちもあり……。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・東京伝説 墜ちた街の怖い話(平山夢明)

○最近購入した本
 ・怪の壺 あやしい古典文学(山ン本 眞樹編)
 ・恐怖箱 超-1コレクション 鬼灯(加藤一編)
 ・怪談倶楽部 幽魂(平谷美樹)
 ・ミミズからの伝言(田中啓文)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。