スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている」読了。

 神永学さんの心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っているを読みました。

 このシリーズ文庫化されてから、すぐに買い続けていたものの、積んだままに……。
 6作目の文庫が発売したこともあり、そろそろ読むべきではと言うことで、読んでみました。

 大学で昔から幽霊が出ると噂されている廃屋。
 その建物の奥には開かずの間が……。
 しかも、中に何かあるかを知った者はもう戻ることが出来ないと言う。

 そんな怪談好きには興味の引くシチュエーションで物語の幕が開きます。
 二話目では、事故の発生率が異常に高いトンネル。
 そこで多くの人々が得体の知れないモノと遭遇する。
 三話目は、虫の知らせに関する話。
 虫の知らせにこめられた重要な意味とは。
  
 それぞれの事件そのものは、動機があり犯人も生きた人間です。
 犯人も誰かという推理点では、読者が特に考えなくても分かるように書かれていると思います。
 本作では、ヒロインが危険な目に……と言うところで間一髪主人公が救うというパターンで読みやい事もあり万人受けする作品ではないでしょうか。
 ライトな感じで、読んでいて疲れることなく楽しめました。
 今後の展開も気になるところです。
 続けて続編を読むか、他の作品を読むか悩み中です。
 
 クトゥルーの漫画シリーズを読んだ後、放置していた「真・女神転生ストレンジ・ジャーニー」を少し進めたり、これまた途中で中断していた「X-FILES」のDVDを見たりと一時期「脱・怪談」「脱・読書」的に本に興味を失ってしまっていた時機もありましたが、また読書意欲が戻ってきました。
 秋の実話怪談本もそろそろ発売される時期が近づいてきているので、少しでも積読山を低くしていきたいところです。
 しかし、最近雷+豪雨のセットが多い気が……。
 2度ほど、突然の停電でパソコンが危うくクラッシュされそうな目に……。
 異常気象が異常ではない時が近づいているのでしょうか?

○最近読んだ本(又は作品)
 ・心霊探偵八雲1 赤い瞳は知っている(神永学)

○最近購入した本
 ・無力感は狂いのはじまり 「狂い」の構造2(春日武彦、平山夢明)
 ・Fの肖像 異形コレクション(井上雅彦監修)
 ・スメラギの国(朱川湊人)
 ・災園(三津田信三)
 ・秋の牢獄(恒川光太郎)
 ・心霊探偵八雲6 失意の果てに 上(神永学)
 ・心霊探偵八雲6 失意の果てに 下(神永学)
  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。