スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「攻撃現代百物語 新耳袋 BOOK1」読了。

 ギンティ小林さんの攻撃現代百物語 新耳袋 BOOK1<戦国時代-現代>激動の日本史編がれを読みました。

 遂に「新耳袋」最大のタブーである、八甲田山へ!
 彼らは無事に帰還することが出来るのか? 
 
○作品一口メモ
 ・九州の亡霊廃墟と丑の刻参りに関する十二の話 → 廃墟の方は残念でしたが、丑の刻参りの方は今後に期待。
 ・連続殺人犯の犯行現場となったトンネルへ行く十の話 → 女の人と子供は何故そこに……。
 ・八王子城址で最低最悪の挑発を行う十九の話 → 「ゴーストボトル」は本物かも……。
 ・SRシンレイノラッパーが事故物件でバトルする十一の話 → オバケとフリースタイル対決とは……。不謹慎にも程があります(笑)。
 ・SRシンレイノラッパー、『新耳袋』の舞台でビビる十の話 → 墓場の霊も呆れていることでしょう。
 ・青森の心霊スポット三箇所行脚にまつわる十四の話 → 新メンバーは何と女子……。
 ・『新耳袋』最大のタブー「八甲田山」に挑む二十三の話 → 八甲田山でこんな事をやってのけるのは彼らしかいないでしょう。

 もちろん、DVD「怪談新耳袋 殴り込み!<東日本編><西日本編>」と「怖い噂」で予習をしてから本作を読ませていただきました。
 心霊スポットでラップ、女性隊員いせ、等々もう彼らの行う挑発行為がアホすぎてたまらなく楽しい。
 もう、怖い映像を撮るという趣旨が何処かへ……という気もしないでもないが、面白いので許せます。
 ただ、なんだかんだと言っても、過酷なロケであることには変わらないので、彼らには、今後もスポットへの突撃を続けてもらいたいですね。
 秋に発売予定の「迎撃現代百物語 新耳袋 BOOK2」も楽しみです。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・攻撃現代百物語 新耳袋 BOOK1(ギンティ小林)

○最近購入した本
 ・遠野物語と怪談の時代(東雅夫)
 ・恐怖箱 精霊舟(鳥飼誠、寺川智人、高田公太)
 ・庵堂三兄弟の聖職(真藤順丈)
 ・東京伝説 堕ちた街の怖い話(平山夢明)
 ・テレビでは流せない芸能界の怖い話2(怖い話研究会芸能部編)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。