スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九十九怪談 第三夜」読了。

 木原浩勝さんの九十九怪談 第三夜を読みました。

 「新耳袋」を越えた百物語となるのか?
 夏の本命の一冊、怖がらせて欲しいです。
 
作品一口メモ
 ・借り → 脱線事故にまつわる話。良い方の借りだったのでしょうか?
 ・お礼 → 直接、話がしたかったようです。
 ・終電後 → 特に、害は無いようなので、気にしなければ……。
 ・夜間走行 → 乗客も見てしまった。
 ・赤い軽自動車 → 六ツ子じゃないよね……。
 ・路地 → イリュージョン?
 ・再会 → 心当たりはないのでしょうか?
 ・肝試し → 成功?
 ・トンネル → 車の幽霊? もしくはイリュージョン。
 ・自転車 → 何で立っているのでしょう。
 ・帰れない → 何かに化かされたのでしょうか?
 ・雨 → さすがにそれは早いよ……。
 ・帰り道 → 不思議です。
 ・仔馬 → 見ると幸運が……、だったら嬉しい。
 ・十字路 → お互い様です。
 ・帰郷 → 化かされた。
 ・お土産 → 仕返しの仕返し。
 ・毛皮 → 子供達? 家族?
 ・ネズミ → どちらにしてもネズミは……。
 ・鯉 → 川の主だったのかな?
 ・墓参り → 羨ましかったのでしょう。
 ・白装束 → 怖い。
 ・「ちょいと」 → 見れました。
 ・一歩 → 足が長い……?
 ・足跡 → 誘い上手。
 ・新聞配達 その一 → 残留思念。
 ・新聞配達 その二 → そのまま右側を見続けていたら……。 
 ・新聞配達 その三 → 蓋の裏は確認した?
 ・新聞配達 その四 → 封印を解いてしまった。
 ・小屋 → 取り壊すことは出来ないのか?
 ・肥だめ → その場所で何かあったのでしょうか?
 ・邂逅 → 偶然では? 
 ・スペインのホテル → 友人も見ていた。
 ・地下駐車場 → どちらも背中……。何故?
 ・銀行 → その椅子だけ?
 ・赤ランプ → 何処と、繋がっていたのだろう。
 ・ピンク電話 → 過去か? 予知か?
 ・楽譜 → 歌っていたのは……。
 ・ライブハウス → 店長何か知ってる?
 ・覗き見 → ファンだったのかも。
 ・アナウンス → そういう仕様だったのかも……。
 ・留置所 → お巡りさんの言うことはもっともです(笑)。
 ・メンテナンス その一、その二 → 追いかけられるのが好きなようです。
 ・柱時計 → 良い話です。動き出すところが新しいかも。
 ・お鍋 → 腹が減っているのかな?
 ・帰ろうよ → 心当たりは無いのでしょうか?
 ・正月 その一、その二 → どうなっているの? 不思議です。
 ・湯飲み → 最後の挨拶に来たのかな?
 ・柿の木 → おじいちゃんのための特別な一個。
 ・おばあちゃん → その場所に座ることが多いからなのかな。
 ・弟 その一 → 霊感があるようです。
 ・弟 その二 → 一年間限定だったようです。
 ・竹林 その一、その二 → 何を話そうとしていたのでしょう?
 ・あれ見える? → 継ぐものにしか見えない?
 ・家の中 その一 → 父親は何か知っている?
 ・家の中 その二 → それは、外からやってくる? 
 ・家の中 その三 → 兄のおかげで来なくなったようです。
 ・ムニャムニャ → タネはないのかな?
 ・うさぎのお面 → 誰の悪戯?
 ・三階建て → 夫婦そろって透視能力……、違うか。
 ・はい、書きません。 → 書いたらどうなってしまうのでしょうか。
 ・引っ越し → お祓いはやったのかな?
 ・【無題】 → 怪談読みとしては、オイシイ体験?
 ・窓 → 彼女が待っていますよ……。
 ・スリガラス → 振り返ったら……、いたのでしょうか?
 ・押し入れ → 仕舞ってくれたのは……。
 ・法事 → 好きなんですね。
 ・夢枕 → 他の家族には、見えなかったのでしょうね。
 ・大泣き → 知らせに来たようです。
 ・風呂 → 客にしか見えないものとは。
 ・足元 その一 → トイレは一人でいけたのかな?
 ・足元 その二 → 知っている人だったのかな?
 ・花 → 気づかなければ、元気だったかも。
 ・水槽 → 金魚好き仲間がいなくなると寂しいようです。
 ・ファッション誌 → 速読ですか……、違うようです。
 ・金のだるま → 押し入れに何かあるのかも知れません。
 ・帰宅 → 同じ道だったのでしょうか。
 ・影踏み → 神の子?
 ・トイレ → どうして?
 ・テスト → 不思議です。
 ・給食 → 引っ越しした子は無事なんだよね。
 ・雪 → 北国では便利です。
 ・父 → 魂って暖かいのかな?
 ・想い → 伝わって良かった。
 ・出産 → 心配だったのでしょう。
 ・夜泣き → 助けてくれるのは。
 ・自分 → 立ち直るきっかけは。
 ・ホタル → 最後のお別れ。
 ・悪態 → 気に障ってしまった。
 ・釘 その一 → 隣の子?
 ・釘 その二 → おじさん? 
 ・釘 その三 → 母が帰ってこなかったら……。
 ・釘 その四 → 母にも見えた。
 ・釘 その五 → 父親は、なかなか面白い対処法を見つけました。やはり、隣の家に何かあるようですが。
 ・弟みたいなもの その一 → 何かあるようですが。
 ・弟みたいなもの その二 → 怒った理由は?
 ・弟みたいなもの その三 → やはり、弟なのでしょう。 

 印象に残った作品は「十字路」「地下駐車場」「正月」「竹林」「自分」「釘」です。
 前作よりパワーダウンしているような気がしました。
 偶然では? 気のせいでは? のような話や、何処かで読んだとのある話が多かった影響でしょうか。
 作品の雰囲気は良いので、怖い話にもう少しウエイトを置いてくれると、より楽しめたかも知れません。

 次は、「厭ナ話 現代百物語」「ひとり百物語 夢の中の少女」「封印怪談3」「怪談実話系4」の順で読む予定です。(積読本が一向に減りません……)

○最近読んだ本(又は作品)
 ・九十九怪談 第三夜(木原浩勝)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。