スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「山の霊異記 黒い遭難碑」読了。

安曇潤平さんの山の霊異記 黒い遭難碑を読みました。

 山という異界で起きた数々の怪異。
 死と隣り合わせの趣味を持つ登山家達が語った話。
 
作品一口メモ
 ・顔なし地蔵 → やはり、この話は強烈。
 ・青いテント → 何故、そんな所に無数の慰霊碑が…。
 ・三途のトロ → 新たな犠牲者が生まれる度に会合は開かれるのか?
 ・山ヤ気質 → 人体の不思議。
 ・真夜中の訪問者 → カタ カタ カタ。その音の正体は…。
 ・霧限の彷徨 → 南ではなく北を彷徨う。何故だろう。
 ・釜トンネル → まだ戻れない人々がそこで待っているかもしれない。
 ・目 → 痛みで知らさせるのはイヤだな。
 ・青い空の記憶 → 記憶の先にあるものとは。
 ・滑落 → 錯覚なのか、それとも…。
 ・はないちもんめ → よく無事で。
 ・裏山 → 気色が違う作風。
 ・乾燥室 → ビールが欲しかった様です。
 ・大張峠 → 携帯の電波にチューニングが合ったのでしょう。
 ・霧幻魍魎 → 些細な出来事。しかし、それがもう一つの世界の入り口。
 ・黒い恐怖 → 人間が自然にもたらしたもの。
 ・鹿神旅館 → 昔話の様であるが、その真相は…。
 ・ひまわり → 登りたいだろうね。
 ・櫛 → 受け継がれる想い。受け入れる準備が必要。

 山の怪談を語る上では、やはりその情景等の描写が重要です。
 特に気に入った作品は「顔なし地蔵」「真夜中の訪問者」「釜トンネル」「はないちもんめ」「霧幻魍魎」「鹿神旅館」「櫛」です。
 お勧めできる実話怪談本です。

 ワールドカップの話題。
 日本、決勝トーナメント進出!
 やってくれました!
 デンマーク戦を寝不足覚悟で見た甲斐がありました。
 パラグアイも強敵ですが、今の戦い方を続ければ勝てるかもしれません。
 ガンバレ!日本。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・山の霊異記 黒い遭難碑(安曇潤平)

○最近購入した本
 ・少年マガジンオリジナル版 ゲゲゲの鬼太郎1(水木しげる)
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。