スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「厠の怪 便所怪談競作集」読了。

厠の怪 便所怪談競作集を読みました。

 今は、怪異とは縁遠いトイレ(明るく、清潔)が多くなってきていますが、一昔前は、臭い・汚い・薄暗い、という場所でした。
 そんな時代を思い起こす便所の怪談を「怪談・ホラーの作家」の方々が競作されています。

作品一口メモ
 ・便所の神様 → 臭ってきます。
 ・きちがい便所 → 封印された便所。
 ・盆の厠 → トイレの窓から見たものは…。
 ・糜爛性の楽園 → 「極楽浄土」は便所にあり?
 ・トイレ文化博物館のさんざめく怪異 → 実際にありそうです。
 ・あーぶくたった → 童歌に隠された真実。
 ・隠処 → ”しかえし”が待っている。
 ・縁切り厠 → 流してしまいたいものはある。
 ・学校の便所の怪談、厠の乙女 → 便所における怪異のルーツが。

 特に印象に残ったのは、平山さんの「キチガイ便所」です。
 もう、吐き気を催すくらいの作品。
 しかし、どの作品もとても雰囲気が良かったです。
 京極さんの「便所の神様」は、本当に便所の汚さ、臭さをリアルに感じ取ることが出来、幼少の頃に行った祖父母の家の便所の妙に大きな穴と薄暗い明かりに怯えながら用を足していたのを思い出しました。
 帯をこすると便所の香りがするという、おまけ付きなら更なる臨場感があるかもしれません。

 竹書房から創刊されたサムケ(怪談コミック)の漫画部分は読み終えました。
 幽に掲載されていた作品も含まれていましたが、色々な漫画家さんの作品を読めてなかなか楽しめました。
 北野誠さんの実録レポ「おまえら行くな。」は、これから読みます。
 「おまえら行くな。」はDVDと「おまえら行くな。3 不死鳥編」も出るようなので楽しみです。
 新耳袋の方も劇場公開、DVD、ラムネの他、殴り込みシリーズの書籍、DVDと色々と展開がありそうです。
 新耳袋は、以前のように木原氏と中山氏の共著による復活を願いたいのですが…。 

○最近読んだ本(又は作品)
 ・厠の怪 便所怪談競作集(東雅夫編)

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

はじめまして。
『厠の怪』の感想を色々と見ていて、こちらに辿り着きました。
便所の臭いのオマケ、臨場感あり過ぎで厭ですねぇw

購読する本の傾向が自分ととても似通っているので、
失礼ですがついつい親近感を覚え、コメントさせていただきました。
(実話怪談は「幽」系を除くと、ほとんど平山氏のものしか読んでいませんが)

今後もちょくちょく覗かせていただきます。

Re: No title

>reneさん
はじめまして。
ここ数年は実話怪談を中心に読んでいますが、ホラーやミステリー系の小説も好きです。
reneさんのブログを先ほど覗かせていただきましたが、海外ものを結構読まれているようなので、今後の参考にさせていただきます。
今後ともよろしくお願いします。

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。