スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「「超」怖い話 怪福」読了。

久田樹生さんの「超」怖い話 怪福を読みました。

 現在、期待度ナンバー1(個人的にですが)の怪談作家である久田氏の新作。
 期待せずにはいられません。

作品一口メモ
【まえがき】
 ・銭魂 → 是非、見てみたい。
【機縁】 → (何とも厭な話)
 ・端緒 → 足音の正体は。
 ・行動 → 立て続けに起こる怪異。
 ・疑念 → 見てしまったもの。
 ・隔意 → 何かを仕掛けに。
 ・忌避 → 招こうとするもの。
 ・慚愧 → 発動される罠。
 ・結論 → 聞こえてくるあの足音。
【吃驚禍福】
 ・オーバー・ザ・レインボウ → 救いの光。
 ・二つの茶わん → 奥さんは何か知っているのかもね。
 ・アラザシ → 偶然ではないのかも。
 ・幸運のシャープペンシル → 力はいつか失われるのかもしれません。
 ・仏飯 → 家に仏壇がないからな…・
 ・まもり → 良い子ですね。
 ・姑側 → 救ってくれるのは。
 ・付き合う相手で その1 → 男には付いているものなのか?
 ・付き合う相手で その2 → 傷ついた彼を救ったものとは。
 ・にくづきにかなめ → 笑いがもれるほどの<あまり肉>ってどのくらいなんでしょうか?
 ・あーん、あーん → 気味の悪い話。
 ・疑心 → タヌキか、キツネか。
 ・まあちゃ → 彼女の正体は。
 ・驚いた → 効果があるようです。
 ・なんなんさー → 何だろうね?
 ・きれい好き → 罰が当たった。
 ・ダイエット その1 → 偶然なのか、それとも…。
 ・ダイエット その2 → 心当たりはないのでしょうかね。
 ・どうして → 何だったんでしょうか。
 ・どこまでも → 彼女を取り巻くもの達の正体とは。
 ・アンタッチャブル → 興味を持ってはいけない人達。
 ・メイク その1 → 本文にはかんけいあるか判らないですが。最後から三行目のの一番下のhの文字が気になります。何か意味があるのでしょうか。
 ・メイク その2 → 生霊か、それとも。
 ・スモーカーズ・フェイス → 写真嫌い?
 ・千野 → 部屋は自分好みが一番。しかし、彼女はある意味能力を持っていたのかもしれない。
 ・夢にまつわるエトセトラ → 夢とは言っても色々あるようです。
 ・コンサート → 一人で寝てたのですよね…。
 ・友人 → 寂しかったのだろう。
 ・憧憬 → 得体の知れない何かにまとわりつかれてしまった。
 ・ぼろぼろ → 誰の仕業。
 ・告白 → たまたま波長が合ってしまったのか。
 ・ピアッシング → また戻ってくる。
 ・ストラップ → 悪戯?怪我がたいしたことが無くて良かったけど。 
 ・恋愛相談 → 変な男には気をつけないと。
 ・結果報告 → 十分、大変なことになっていると思うけど。真下君…。
【四十六】 →(これまた凄い話です)
 ・六歳 → 家族が帰ってこなかったらどうなったのだろうか。
 ・八歳 → それは不幸を呼ぶのか。
 ・十四歳 → やはり不幸を…。
 ・二十二歳 → <よしや>とは…。
 ・二十六歳 → また聞こえてしまった。
 ・三十一歳 → 見つかった。
 ・三十八歳 → 届けられるものとは。
 ・四十二歳 → その言葉が意味するのは。本文とは関係ないがP207の六行目の最後にKの文字が、「メイク その1」にあった文字と何か関係があるのでしょうか?
 ・四十六歳 → そして、その言葉が遂に向けられる。   
【あとがきにかえて】 
 ・笑門来福 → 幸せな気分になれます。

 特に印象に残った作品は「機縁」「まもり」「姑側」「なんなんさー」「ぼろぼろ」「四十六」「笑門来福」です。
 題名からすると、良い話が多いのかと思うがそうでもなく、なかなか厭な話が多い印象でした。
 しかし、久田氏の取材・蒐集能力は凄いものがあると思います。
 これからも、注目の怪談作家です。 

○最近読んだ本(又は作品)
 ・「超」怖い話 怪福(久田樹生)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。