スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪談実話系3 書き下ろし怪談文芸競作集」読了。

怪談実話系3 書き下ろし怪談文芸競作集を読みました。
 
 今回は、平山さん、福澤さん、小池さん、中山さん、木原さんという常連メンバーがいませんが、京極さん、安曇さん、加門さん等の常連メンバーの他、伊藤三巳華さんや松村さん等々が登場しています。
 
作品一口メモ
 ・伊藤三巳華の憑かれない話~憑々草出張篇~(伊藤三巳華)
 ・するり、ずるり(立原透耶)
 ・でもそこにいる(宇佐美まこと)
 ・誘蛾灯(加門七海)
 → 上記の四人による『幽』イベント後の海辺のホテルに起こった、怪異現象をそれぞれの視点から語られた(描かれた)ものです。
 これらを比べると、伊藤さんはマイペース、立原さんは無防備すぎて天然…、宇佐美さんは被害者(笑)、そして加門さんは相変わらず…ですしね(笑)という印象ですね。
 特に立原さんに何かが入ってしまった場面は爆笑ものでした。 
 「怪談シスターズ」恐るべし。
 ・嘘談(松村進吉) → その先に待っているものは…。(深読みしてしまうと、過激な問題作ですね) 
 ・先輩の話(京極夏彦) → 視えるもの、ホンモノじゃないけど嘘ではない。
 ・可視・不可視(林譲治) → もっと読みたかったな。
 ・御利益(水沫流人) → 験の担ぎ方が…。これは実体験だろうか。
 ・霧幻魍魎(安曇潤平) → そのケルンとの関係がやっぱりあるのでしょうね。
 ・実はこれ、すべて一人の女の話です。(岩井志麻子) → 読み終わった後、題名を見直して気付く、すべて一人の女の話…、誰なんだろう…。

 今回の、実話怪談系はなかなか面白い試みもあり楽しめましたね。
 実話怪談部門では安曇さんの話、人間の怖さ(サイコ)部門では岩井さんといったところでしょうか。
 爆笑部門は「怪談シスターズ」でしょう。(当事者の方々は大変だったのでしょうけど、笑えてしまいます)

 『幽』の怪談系としては「怪談実話コンテスト傑作選 黒四」「厠の怪 便所怪談競作集」が楽しみです。

 本日、「恐怖箱 怪痾」到着。早く読みたい~。
   
○最近読んだ本(又は作品)
 ・怪談実話系3(『幽』編集部編)

○最近注文した本
 ・クトゥルフ2010 クトゥルフ神話TRPG
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。