スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恐怖箱 しおづけ手帖」読了。

恐怖箱 しおづけ手帖を読みました。
 松村進吉氏と深澤夜氏による実話怪談集です。

 取材されたいくつもの怪異談を書き綴った手帖。
 しかし、様々な理由からお蔵入りせざるを得ない話がほとんど。
 その手帖が最近臭う。
 取材したある女性からその原因が語られる。
 手帖の中に埋もれたまま、世に出ることの無かったかもしれない怪異談を遂に解禁する時が来た。

 印象に残った作品一口メモ
 ・安眠妨害 → 何となくジョジョの奇妙な冒険に登場するスタンドを想像。
 ・異聞フラグメントA、B → 取材した話の断片。集まると…。
 ・オペラグラス → 厭な能力。原因は。
 ・星を見る人 → 不気味な話。宇宙人かも。
 ・チキンレース → その集落に住んでいたものとは…。
 ・山の写真 → 御山が守ってくれたのでしょう。
 ・ネムリ、イツワリ、サトリ → 気をつけます。
 ・毛布 → やりきれない結末。

 「超」怖い話シリーズや恐怖箱シリーズでは語られることのない話も見受けられ楽しめました。
 今後も年の終わりに溜め込んだ話を一挙放出していただくと、著者、読者共に良い新年を迎えることが出来そうな気がします。    

 新年一冊目は「超」怖い話Πが控えています。
 竹書房シリーズは、来年も月刊状態が続くのでしょうか。  

○最近読んだ本(又は作品)
 ・しおづけ手帖(松村進吉・深澤夜)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。