スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「水底から君を呼ぶ」読了。

 大石圭さんの「水底から君を呼ぶ」を読みました。

 ストーリーとしては『家族を失った少女』と『妻を失った男』の二つの視点で展開されます。
 少女の方は、家族の死後、様々な虐待を受け、どんどん人生の底へ沈み込んでいきます。
 男の方も、妻の死による絶望感に打ちひしがれていました。そんな時、妻の葬儀の後、妻の友人からある『事件』について聞かされます。
 これをきっかけに物語は動きだし、二つの話が繋がっていきます。

 ホラー小説なので怨念的な物も登場しますが、どちらかというと人間の怖さが引き立った作品。
 妬み、独占欲等、様々な人間の欲望が渦巻いています。
 辛く悲しいストーリーですが、最後は救われた部分もあるので、大石圭さんの作品の中ではお気に入りとなりました。

 最近は、実話怪談系ばかり読んでいたのでここでちょっと一息。(結局、ホラー小説なんですがね…)
 
○最近購入した本
 ・怪談 FINAL EDITION(小池壮彦)

○最近読んだ本(又は作品)
 ・水底から君を呼ぶ(大石圭)
スポンサーサイト

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。