スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恐怖箱 赤蜻蛉」読了

 恐怖箱 赤蜻蛉を読みました。
 超-1ランカーである鳥飼誠さん怪談亭さんつきしろ眠さんによる実話怪談集です。

 印象に残った作品一口メモ
 ・岩 → 化かされたんでしょうね。
 ・道中狸 → 秘密の近道…じゃないよね。
 ・牙 → 細野さんが描いた絵なのか?
 ・えかきうた → 学生は何者? 夢のようで夢でない…。
 ・当たり前 → ご先祖でしょうか?
 ・煙 → 家賃が安いならまぁいいか。
 ・絞め合い → その調子です。
 ・ノミと金槌 → 何してたんだろう。
 ・素焼きのお面 → 気味が悪いです。
 ・おぶつだん → 何で池の真ん中に?
 ・りんごジュース → ホテルと何か関係があったのでしょうか?
 ・何度でも → 犬がかわいそう。女は面白がってやっているのか?
 ・散歩 → 女性と犬に何が起きたのか…。 
 ・百足 → 何かを解放してしまったんでしょうか?
 ・たまり場 → 噂は本当。
 ・おかいこさま → 猫はどこへ。
 ・特別利用者 → 霊になっても本は読みたい。でもマナーは守らなきゃ。
 ・スリッパさん → かわいいですね。
 ・真相 → なぜ逆回転?
 ・平田のアパート → 何とも悲しい話。幸せになってください。

 特に怖い話は無かったですが、不思議な話が多かったです。
 「おぶつだん」「おかいこさま」みたいなちょっと不思議な話から「牙」「えかきうた」みたいな厭な話等個性的な話が詰まった一冊です。
 しかし、今年は竹書房からの怪談本が発売が多いですね。今後も、「超」怖い話クラシックベストセレクション殯、恐怖箱 超-1怪コレクション 女郎花等が発売されるようです。
 
 個人的には、小池壮彦さんの「怪談 FINAL EDITION」を早く手に入れたいところです。
 月曜から出張なので、その時に入手して夜の楽しみとしたいですね。
 内容的には、新作に過去の作品を織り交ぜた作品のようですが、小池氏の著書で唯一入手できていない「心霊ウワサの現場」の話も入っていると嬉しいのですが。(特に「夏川ミサエ」の話が掲載されていると最高なのですが)    

○最近購入した本
 ・文学における超自然の恐怖(H・P・ラヴクラフト)

○最近読んだ本(又は作品)
 ・恐怖箱 赤蜻蛉(鳥飼誠 怪談亭 つきしろ眠)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

季節は秋に変わってきたのに、まだまだたくさん怪談が読めてうれしいです。これも竹書房さんのガンバリに尽きるものでしょうか。
私も、小池壮彦氏の本、買いましたー。
感想のUp、楽しみにしてます

No title

>こたつさん
こたつさんも小池氏の本買ったんですね。
いま、少しずつですが読んでいるところです。
読書の秋なので、夏にも負けないくらい「怖い話」を読んでいきたいですね。

FC2カウンター

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。