スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「屍鬼」読了。

小野不由美さんの「屍鬼」を読みました。(今更ながらですが…)
 読んだのは文庫版(全5巻)です。

 この本を手にしたのは数年前…。

 ある集落は山火事により消滅しようとしており、なぜ、このような事が起きたのかという冒頭に物語は始まり、そして話は事件が起こる前へと遡り、寺の若御院である静信が書き進めている小説から本題へと入るのですが、初読の際はこの辺りで、また今度にしようかな…、と弱気になり(5冊もあるもんで…)放置していました。(何となく静信の書いている小説だけで、小難しい話なのかと判断を下してしまったのが原因)
 しかし以前、挫折した冒頭を乗り切ると、段々と先へ先へと進めたくなり、一気に読み終えることができました。
 「深夜に現れる引っ越しのトラック」「荒らされた祠や地蔵」「引っ越ししてきたが姿を現さない一家」等、平和な村で奇妙な出来事が起き始め、村人の連続する不審な死が始まる。
 新種の伝染病か?と村唯一である医者の敏夫と静信が真相を探るために奔走しますが…。
 表題でその正体が何かを解ってしまう人もいると思いますが、アレが正体です。

 この本はもっと早くに読んでおけば良かった!と後悔するくらい、お薦めの本です。 

 生きるためにあなたならどうするか! 深いテーマがこの本にはあります。   

 この作品の原点とも言うべきスティーヴン・キングの「呪われた町」がまだ未読のため(所持しています)そろそろ読むべきなのでしょう。

○現在読んでいる本
 ・空中ブランコ(奥田英朗)
 ・怪談文芸ハンドブック(東雅夫)
 ・百魔(マッケン)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。