スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「獣王」読了。

黒史郎さんの「獣王」を読みました。

 動物園「アルカ」に勤務する飼育員と、そこに現れた動物を形態模写する「キョウコ」との奇妙な関係を描いた物語です。
 冒頭から出てくる「エイセラニ・ハウザンド」とはいったいどこにあるのだろう?という興味と、「キョウコ」とは何者なんだろう?というのがこの物語の重要な鍵を握るのだろうと途中までは思っていたが、実は「飼育員」が…。
 「飼育員」である彼は、同僚である「○」であったり、「表紙のない本」を売っていたあの男だったのだろうか?それともすべては彼の「妄想」であったのか?
 読後は、期待していた結末とは違い少し戸惑いもあったが、少し時間が経つと「答え」を見つけるために、もう一度読みたい気にさせてくれる一冊でした。

 本日は文化の日ということもあり、ブックオフでは恒例の「店内の文庫本すべて105円」という読書家(というより小遣いをほとんど本につぎ込んでしまう貧乏人 ← 自分)には嬉しい祭が開催されました。
 今回は、角川ホラー文庫を中心に入手。(前回に続き、また所持していた本まで買ってしまったが…) 
 またまた、積読本の山が増えました。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・獣王(黒史郎)

○最近購入又は注文した本
 ・20世紀の幽霊たち(ジョー・ヒル)
 ・「超」怖い物語 黒い本2(飯野文彦)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。