スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九十九怪談 第一夜」読了。

 木原浩勝さんの「九十九怪談 第一夜」を読みました。
 この新シリーズは、木原浩勝さんと中山市朗さんが共著者として出版されていた「新耳袋」シリーズの続編と言っても問題ない仕上がりではないでしょうか。
 特に怖い作品は無かったですが、どの作品も面白かったです。
 木原さんの「隣之怪」シリーズについても、ネタは面白いのですが、やはり語り口調に違和感を感じてしまう時があったので…。
  「隣之怪」では肌に合わなかった方も、「新耳袋」が好きな方には是非手に取ってみる価値はある作品です。
 このシリーズも是非、第十夜目指して続いて欲しいです。

 特に印象に残った作品メモ
 ・郵便物 → 何が入っていたのだろうか?
 ・メモ → 何者の仕業?厭な話。
 ・リフォーム → 何のために隠されていたのか? 
 ・飼育箱 → 先生が買っていたものとは…。
 ・二階 → 不思議な話。
 ・パチンコ → 奥さんも心配だったのでしょう。良い話。
 ・数珠 → 数珠とお坊さんの関係は…。
 ・同窓会 → きっと楽しんでいたことでしょう。
 ・のんちゃん → 悲しく切ない話。でも、Iさんは見つけることができたのでしょう。 

 そろそろ時期的には怪談の季節も終焉を迎えていますが、個人的には未読の怖い本が山となっているので、年中怪談という状況が続きそうです。

 最近、怪談本を読んでも特に怪奇な現象が起こることは無いのが少し残念な気が…。(でも、何か起きても怖いし…)

 とりあえず次は、「恐怖箱 老鴉瓜」を読む予定。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・九十九怪談 第一夜(木原浩勝)

○最近購入した本
 ・恐怖箱 老鴉瓜(鳥飼誠、矢内倫吾、渡部正和)
 ・心霊づきあい11人の作法(加門七海)
 ・アンデッド(福澤徹三)
 ・竜岩石とただならぬ娘(勝山海百合)
 ・日本妖怪散歩(村上健司)
 ・黒鷺死体宅配便3(大塚英志 原作)
 ・葬儀屋が教えるココだけの話
 ・魍魎の匣2(志水アキ 作画)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。