スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ホラー小説大賞短編賞作品を読み比べ。

 第13回及び第14回日本ホラー小説大賞短編賞作品を読みました。
 
 まずは第13回の短編賞受賞作である吉岡暁さんの「サンマイ崩れ」。
 この作品は『ある映画』でも感じたことの『ヤラレタ~、そう言うことか!』というラストが待っていました。
 ヒントはあちこちにちりばめられていたのに最後まで気づかなかった…。
 あまり書くとネタばれになってしまうので、この辺で。 

 次に第14回の短編賞受賞作である曽根圭介さんの「鼻」。

 二つの視線で進むストーリー、二つの流れに接点があるのか…。
 何が現実なのか、混乱します。

 どちらの作品も一度目と二度目とでは違った読み方ができる作品です。
 吉岡さん、曽根さんどちらの作品も楽しむことができました。(ただ、どちらもホラー色が薄い気もしますが…)
 個人的には「サンマイ崩れ」の方が好みですが、「鼻」も面白かったので、どちらも表題作以外の作品も早く読みたいですね。 

 来月には、第13回日本ホラー小説大賞長編賞である、矢部嵩さんの「紗央里ちゃんの家」が角川ホラー文庫でも発売するようなので、こちらもチェック予定。やはりホラー小説はどんな話かの事前情報無しに読むのが一番楽しめます。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・サンマイ崩れ(サンマイ崩れ所収)(吉岡暁)
 ・鼻(鼻所収)(曽根圭介)

○現在読んでいる本
 ・神鳥 イビス(篠田節子)

○最近注文した本
 ・コミック怪vol.4
 ・異界談義(国立歴史民俗博物館編)
 ・九十九怪談(木原浩勝)
 ・初音怪談(松嶋初音、木原浩勝) 
 ・死小説(福澤徹三)
 ・稲川淳二の霊談(稲川淳二)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。