スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集」読了。

 「怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集」を読みました。
 怪談専門誌『幽』で活躍する10人の作家さんによる実話と創作が入り乱れた怪談集。

 各話一口メモ
 ・成人(京極夏彦) → さすがに。京極さんはウマイです。恐怖のツボを抑えています。
 ・見知らぬ女(福澤徹三) → 記憶の惑わい。何が本当か?
 ・顔なし地蔵(安曇潤平) → 世の中には決して近づいてはいけない物があります。逃れられない死…。怖い…。
 ・茶飲み話(加門七海) → 加門さんの日常…。 
 ・怪談BAR(中山市朗) → 怪談を聞きながらBARで一杯最高ですね。暑い夏なら怪談ビアガーデンも良いかも…って全然本編に関係のないことを書いてしまっている…。
 ・リアリナの咲く川のほとりで(小池壮彦) → 怪談ではない様な気もしますが、小池さんの小説が読めたので良しとしよう。 
 ・つきまとうもの(立原透耶) → ストーカー霊。大変です。  
 ・後を頼む(木原浩勝) → 伝えたいことがあります。  
 ・こめかみ 蔵出し(平山夢明) → 砂人魚の最後の一行が?『ひ』と『し』?『ひ』と『す』では?それとも自分の読解力がないのか…。もう一回読み返してみよう。  
 ・美しく爛れた王子様と麗しく膿んだお姫様(岩井志麻子) → 岩井さんの日常…?しかし、笑い事ではすまない話です。怖い話だけど、コレって怪談?と思ったのはここだけの話。

 今回の作品では、京極さんのが一番のお気に入りです。
 しかし、この本はどこが実話でどこが創作なのか気になるところです。
 第2弾も出るといいなぁ。

 おっ、何だ今の…、勝手にドアがバタンと閉まったヨ!(ちょっとした怪奇現象の発生?)
 ↑たった今起きた出来事です。

 本日はさすがに「超」怖い話Μのフラゲならず。
 明日、仕事帰りにコンビニでも覗いてみるかな?
 となると今日中に「新耳袋 第十夜」を読み終えてしまわないと…。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・怪談実話系 書き下ろし怪談文芸競作集 

○現在読んでいる本
 ・新耳袋 第十夜(木原浩勝、中山市朗)

○最近買った(又は予約した)本
 ・永久保貴一 世にも怖い話(永久保貴一他)
 ・エイボンの書 クトゥルフ神話カルトブック
 ・超短編の世界
 ・水辺の怪談 最恐伝説 釣り人は見た

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私もこの中では京極夏彦先生の話がツボでした。十人十色の怪談集で、おもしろかったですね。

エイボンの書、私も欲しいんですが、どーも本棚のコヤシになりそうで・・・しかもなんか湧いてきそうです・・・(古きものどもとか・・・)

>こたつさん
「エイボンの書」を買いましたがいつ読むことができるだろう…。という感じです。

本日無事に「超」怖い話Μを手に入れました。ただ、新耳袋第十夜がまだ途中なのでそっちを先に読んでから、じっくりと読むつもりです。平山さんの最後の「超」怖ですからね。楽しみです。

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。