スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「赤いヤッケの男」読了。

 安曇潤平さんの「赤いヤッケの男」読了。
 著者が体験した話を中心とした山に纏わる実話怪談です。
 山の情景や厳しさを本文から想像しながら読み進めると、うっかり怪談本ということを忘れてしまいますが、やはり何らかの怪異が起きます。
 特に恐怖を煽る作品では無いですが、落ち着いた怪談本で楽しめました。 

 読んだ作品一言メモ。

 ・八号道標 → 呼ばれてしまったんですね。
 ・アタックザック → ゾクッときました。今回の作品集の中ではイチオシです。
 ・赤いヤッケの男 → 帰還への執念でしょうか。
 ・山小屋の掟 → 来るものは拒まず。
 ・孔雀 → 悲しい話。
 ・急行アルプス → 見つけて欲しかったんですね、よかった。
 ・鏡 → 鏡を見るのが怖くなりそう。
 ・究極の美食 → おいしいそうですが…。
 ・笑う登山者 → 怖い…、逃げ場のない恐怖。 
 ・追悼山行 → ずっと探していたんだ。
 ・J岳駐車場 → ドリフ的恐怖…。
 ・カラビナ →  頼もしい助っ人、いい人です。
 ・もうひとりの客 → 石には注意。
 ・鎌策婆 → かまいたち? 
 ・残雪のK沢岳 → 雪女?
 ・ハーケンは歌わない → 死んでもクライマー魂は失われない。
 ・クライマーズ・センス → 予知夢?
 ・荒峰旅館 → 呼ばれてしまった。
 ・銀のライター → 大切な品だったんでしょう。
 ・暴風夜 → 何をしていたんでしょうか。
 ・ゾンデ → 不思議な話。
 ・N岳の夜 → 何がきたのか?
 ・霧の梯子 → つかまれていたら… 。
 ・猿ぼぼ → 友の救い、良い話。
 ・牧美温泉 → 心温まる話。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・赤いヤッケの男(安曇潤平)
 ・死人を恋う(大石圭) → 死体しか愛せない男の話です。

○最近のツインピークス
 第10話観ました。
 新たな人物が登場し、事件にも少し動きが見られますが、まだまだ謎だらけです。

○最近観たTV
 ・薔薇のない花屋
 ・墓場鬼太郎

○ラジオドラマ百器徒然袋CD
 『五徳猫』第1~2話

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

「赤いヤッケの男」読み終わったんですね。
山は雄大な感じなのに、いざとなると逃げ場がないんだなあ、と思いました。

もう少ししたら、次の加藤一さんの本が出ますね。
お楽しみがコンスタントに続くのはありがたいですが、先立つモノが続かないです。

>こたつさん
 本当に「赤いヤッケの男」は山の怖さを思い知らせれる作品でした。
 今月は、幽ブックスを4冊とも買ったため財布の中が厳しいですが、加藤さんの「極」怖い話は実話怪談フリークとしては、必読の一冊ですね。(財布的には発売が月末で良かった)
 とりあえず、月末までは積読本の山崩しをしていく予定です。

FC2カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。