スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年も、もうすぐ終わり。

 今週は、年末の最終週ということで色々と忙しかったですが、何とか24シーズンⅤを最終話まで鑑賞することが出来ました。
 しかし、あの終わり方はずるいですね…(笑)。
 続きがとても気になり思わずレンタル店へと足を運びたいところですが、廉価版のハンディBOXで購入している身としては約1年間我慢が必要です。
 ただ、以前キーファー・サザーランドが出演している映画「ザ・センチネル」を見たときにDVDに収録されていた、24シーズンⅥのプレビューを見てしまっていたので…。
 とりあえず24は一時休止し、やっとツインピークス&Xファイルの鑑賞ができそうです。

 読書の方は、てのひら怪談2は一時休止し、西浦和也さんの「虚空に向かって猫が啼く」を少し読み始めました。いやぁ、この本は実話怪談好きとしては、堪らない一冊となりそうです。
 西浦和也さんといえば怪談サイト「コ・ワ・イ・ハ・ナ・シ・ヤ・ミ・ノ・サ・サ・ヤ・キ」の管理人であり、新耳袋等に取材協力を行っており、さらには不思議ナックルズでも活躍されている、実話怪談界では有名な方です。
 まだ序盤しか読めていませんが、今後もどんどん作品を書籍化して実話怪談界を盛り上げて欲しい人材です。

 今週はネット中古書店にて数冊購入。(加門七海さんの怪談徒然草のMF←角川の文庫版は持っているけどつい購入、小林泰三さんの肉食屋敷の文庫版等他)
 
 週刊てのひら怪談に掲載されている「てのひら酔談」では「超-1」に対しての平山先生の気になる発言が書かれていましたが(どうとらえるべきか悩みます…)、そもそも「超-1」と「てのひら怪談」では目指している方向が違うと個人的には思っているので、それぞれが今後も盛り上がっていければ良いと思います。今後もどちらの動きを楽しみに見守っていきたいと思います。

 来年こそは、本の読むスピードを上げていきたい!

○現在読んでいる本
 てのひら怪談2
 虚空に向かって猫が啼く

○最近買った(又は予約した)本
 バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ SIDE A
 虚空に向かって猫が啼く(西浦和也)

○最近買ったCD
 イン・レインボウズ(レディオ・ヘッド)

○最近の24
 シーズンⅤ 最後まで鑑賞。

○最近の浦和レッズ
 高原加入? ← 来たら嬉しいけど、ホントかな?


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2カウンター

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。