スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『実録怪譚 忌魂ノ書』読了。

『実録怪譚 忌魂ノ書』竹書房文庫(2012)
 幽戸玄太著
 平山夢明監修のFKBシリーズ第13弾。
 『実録怪譚』シリーズ第2弾。
 34話収録。
 印象に残った作品は、「子供を守るものたち」「霊魂食い」「鞄の中身」「不幸の正体」。
 帯に書かれている、「……何かが壊れている」という表現は個人的に同感です。
 怖さという点では物足りないですが、得体の知れない作品が多く、「不幸な男」等も怪譚として、面白い話でした。
 このシリーズは、一般的な実話怪談とは、また違う印象を受けます。だからあえて怪譚としているのでしょうね。

スポンサーサイト

『「超」怖い話 怪賊』読了。

『「超」怖い話 怪賊』竹書房文庫(2012)
 久田樹生著
 13話収録。
 印象に残った作品は、「廃墟巡り」「隣渦」(連作中編)「シメン」(連作中編)「東北より」。
 後味の悪い厭な話でしたが、今回は、特に悪意に満ちています。

 久田氏は、単著では厭な話を書き続けている印象があるが、久々に超-1時代の作風の怪談も読みたいところです。

FC2カウンター

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。