スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「怪談社 丙の章」読了。

伊計翼さんの怪談社 丙の章を読みました。

 怪談社の蒐集には決まりごとがある。

 ”怪異を体験した本人から話を聞くこと”

 後悔するほどの恐怖!
 それが実話怪談

              ~ 帯より ~

 47話収録。 
 
○印象に残った作品一口メモ
・かこむ → 子供達の正体は……
・どうじ → 不思議な出来事。
・ウラミ → 祓うことは出来ないのでしょう。
・キオク → 「記憶」に纏わる話。ただ、この手の話は、もう都市伝説化しているのかも知れません。
・アジ → 何処へ行ってしまったのか?
・狐 → 相性が悪かったのでしょうか。
・壁訪、壁訪2 → 何を探していたのでしょうか?
・居心 → 今でも、そこで暮らしているのかも知れません、
・消如 → 命の灯火が……
・錆神社 → 元々何が祀られていたのでしょうか?
・真相 → 死因は……

 印象に残った率 .255(12話/47話中)

 怪談社の実話怪談師の恐怖譚シリーズも遂に第三弾。
 加藤さんの『「極」怖い話 遺託』を読んだ直後だったので、相変わらずの文章の読みづらさが気になりましたが、ネタとしては面白い話がいくつかありました。
 「井戸」は、結構凄いネタかと期待しましたが、途中から何だか話がよく判らなくなったのが残念でした。
 誤字や段落がおかしい等、気になる点はありますが、良い(怖い)ネタさえ掲載してくれれば個人的には満足ですので、今後に期待。 

 図書館で貸出予約をしていた貴志さんの「悪の教典 上」がやっと順番が回ってきたので、早速読ませていただきましたが、読みやすく一気に読了してしまいました。下巻の順番はまだのようなので前の方、出来れば早めに読んでください!
 とりあえず今週は、中断していた三津田さんの「作者不詳」か、吉田悠軌さんの「放課後怪談部」辺りを読もうかと思っています。

 震災からもうすぐ3ヶ月を迎えますが、復興への道はまだまだ遠いようです。
 国を動かす方達の動きには残念な行動ばかりで悲しい限りです。
 彼らの目線は何処へ向いているのでしょうか?
 何でも良いから協力しあい、同じ方向を向いて、この難局を乗り切って欲しいものです。
 
○最近読んだ本(又は作品)
・怪談社 丙の章(伊計翼)
・悪の教典 上(貴志祐介)

スポンサーサイト

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。