スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「九十九怪談 第一夜」読了。

 木原浩勝さんの「九十九怪談 第一夜」を読みました。
 この新シリーズは、木原浩勝さんと中山市朗さんが共著者として出版されていた「新耳袋」シリーズの続編と言っても問題ない仕上がりではないでしょうか。
 特に怖い作品は無かったですが、どの作品も面白かったです。
 木原さんの「隣之怪」シリーズについても、ネタは面白いのですが、やはり語り口調に違和感を感じてしまう時があったので…。
  「隣之怪」では肌に合わなかった方も、「新耳袋」が好きな方には是非手に取ってみる価値はある作品です。
 このシリーズも是非、第十夜目指して続いて欲しいです。

 特に印象に残った作品メモ
 ・郵便物 → 何が入っていたのだろうか?
 ・メモ → 何者の仕業?厭な話。
 ・リフォーム → 何のために隠されていたのか? 
 ・飼育箱 → 先生が買っていたものとは…。
 ・二階 → 不思議な話。
 ・パチンコ → 奥さんも心配だったのでしょう。良い話。
 ・数珠 → 数珠とお坊さんの関係は…。
 ・同窓会 → きっと楽しんでいたことでしょう。
 ・のんちゃん → 悲しく切ない話。でも、Iさんは見つけることができたのでしょう。 

 そろそろ時期的には怪談の季節も終焉を迎えていますが、個人的には未読の怖い本が山となっているので、年中怪談という状況が続きそうです。

 最近、怪談本を読んでも特に怪奇な現象が起こることは無いのが少し残念な気が…。(でも、何か起きても怖いし…)

 とりあえず次は、「恐怖箱 老鴉瓜」を読む予定。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・九十九怪談 第一夜(木原浩勝)

○最近購入した本
 ・恐怖箱 老鴉瓜(鳥飼誠、矢内倫吾、渡部正和)
 ・心霊づきあい11人の作法(加門七海)
 ・アンデッド(福澤徹三)
 ・竜岩石とただならぬ娘(勝山海百合)
 ・日本妖怪散歩(村上健司)
 ・黒鷺死体宅配便3(大塚英志 原作)
 ・葬儀屋が教えるココだけの話
 ・魍魎の匣2(志水アキ 作画)

スポンサーサイト

「神鳥 イビス」読了。

 篠田節子さんの「神鳥 イビス」を読みました。
  
 十年以上も前に発売されている本なのですが、怖い小説という噂を耳にしたので読んでみました。
 スピーディーに話は進みサクッと読むことができました。
 思ったよりは怖くは無かったですが、悪夢を見そうな読後感です(誉め言葉です)。
 
 この作品のキーワード的メモ
 ・死を選んだある画家の人生を追い求めるが、それを追う人間もまた…。
 ・彼女らは真相にたどり着くことができるのか、又その先に待っているものとは…、それとも同じ運命をたどるのか?
 ・村で何が起こったのか?
 ・追いつめられたものがとる行動とは? 
 ・逃れられない恐怖(寝ることもできない?)
 
 この作品、鳥嫌いの方には要注意です!  
 
○最近読んだ本(又は作品)
 ・神鳥 イビス(篠田節子)

○現在読んでいる本
 ・九十九怪談(木原浩勝)

○最近注文した本
 ・暗黒都市伝説 現実世界に蠢く「恐怖」と「謎」の“実録ホラー”
 ・実録お寺の怪談(高田寅彦) → 入手困難であった「心に残った幽霊供養」の廉価版。なんと書き下ろしが一話掲載されているようです。コレは買いですよ!


 

日本ホラー小説大賞短編賞作品を読み比べ。

 第13回及び第14回日本ホラー小説大賞短編賞作品を読みました。
 
 まずは第13回の短編賞受賞作である吉岡暁さんの「サンマイ崩れ」。
 この作品は『ある映画』でも感じたことの『ヤラレタ~、そう言うことか!』というラストが待っていました。
 ヒントはあちこちにちりばめられていたのに最後まで気づかなかった…。
 あまり書くとネタばれになってしまうので、この辺で。 

 次に第14回の短編賞受賞作である曽根圭介さんの「鼻」。

 二つの視線で進むストーリー、二つの流れに接点があるのか…。
 何が現実なのか、混乱します。

 どちらの作品も一度目と二度目とでは違った読み方ができる作品です。
 吉岡さん、曽根さんどちらの作品も楽しむことができました。(ただ、どちらもホラー色が薄い気もしますが…)
 個人的には「サンマイ崩れ」の方が好みですが、「鼻」も面白かったので、どちらも表題作以外の作品も早く読みたいですね。 

 来月には、第13回日本ホラー小説大賞長編賞である、矢部嵩さんの「紗央里ちゃんの家」が角川ホラー文庫でも発売するようなので、こちらもチェック予定。やはりホラー小説はどんな話かの事前情報無しに読むのが一番楽しめます。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・サンマイ崩れ(サンマイ崩れ所収)(吉岡暁)
 ・鼻(鼻所収)(曽根圭介)

○現在読んでいる本
 ・神鳥 イビス(篠田節子)

○最近注文した本
 ・コミック怪vol.4
 ・異界談義(国立歴史民俗博物館編)
 ・九十九怪談(木原浩勝)
 ・初音怪談(松嶋初音、木原浩勝) 
 ・死小説(福澤徹三)
 ・稲川淳二の霊談(稲川淳二)

「いわくつき 日本怪奇物件」読了。

 福澤徹三さんの「いわくつき 日本怪奇物件」を読みました。
  
 表題と中身はちょっと違うような感じですが、まえがきで本人も書かれていますが、『大人の事情』があるようです。(しかし『大人の事情』って煩わしいですよね)

 気に入った話一口メモ
 ・硬い軀 → それは硬いはずです。
 ・ゆきちゃん → 何者なんだろう? 連れてこられても困るな~。
 ・霊安室 → 不思議です。
 ・事故物件 → 偶然ではないですよね。
 ・ぺこぺこさん → 残りの一人は…。
 
 大ネタはないですが、福澤さんの作品は安定感がありますね。

 続いて「小説すばる8月号」に掲載されている平山夢明さんの作品のみチェックしてみました。

 ・おみそ → 犬には罪はないけど…。
 ・ナンパ → 何で憎んでいるんだろう。
 ・とばっちり → 憑かれやすいタクシー。
 ・押入 → 事故物件だったのか?

 平山先生、もっと読みたかったよ~。(四話じゃ少なすぎます)

 体力の限界が近づいていたので、本日は早めの帰宅。
 これから、吉岡暁さんの「サンマイ崩れ」でも読もうかな。  
 しかし、木原さんの「九十九怪談 第一夜」はまだ発売されていないようですがどうなっているのでしょう?

 そーいえば、「恐怖箱 蛇苺」はニワンゴからも配信されています。これで、いつでもどこでもこそっと実話怪談を楽しめますよ。

○最近読んだ本(又は作品)
 ・いわくつき 日本怪奇物件(福澤徹三)
 ・人間椅子(江戸川乱歩ベストセレクション1所収)(江戸川乱歩) → 恐怖を煽ります。最後に…。

○現在読んでいる本
 ・サンマイ崩れ(吉岡暁)

○最近注文した本
 ・忌館(三津田信三)
 ・十三の呪 死相学探偵1(三津田信三)
 ・怪奇事件はなぜ起こるのか(小池壮彦) 
 ・完全復刻妖怪馬鹿(京極夏彦、多田克己、村上健司)

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。