スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「果報」後日談其の二

 不思議ナックルズ vol.13を入手。
 さっそく久田樹生さんの「果報」の後日談を読む。
 しかし、前回までの内容をすっかり忘れてしまい、「超」怖い話怪歴所収の「果報」と不思議ナックルズ vol.12所収の「木彫りの仏像に込められた怨念」を復習。
 今回のvol.13「終わらない怨念の渦」の初読の際は、すっかり「ジャンパーの男」や「義母」の存在を忘れていました。
 「早紀子さん」を狙うもの達の今後の動向が気になります。さらなる続報に期待(早紀子さんには申し訳ないですが…)。
 そういえば、加藤一さんのあの話(小枝子さんの話)の続報はもう無いのでしょうか?(加藤さんもやっと、あの件から解放されたのでしょうか…)

 あとは、加藤一さんの「大晦日の写真」、雨宮淳司さんの「雑巾様」、平山センセイの「平山夢明と<カルマの国のアリスたち>(取材 平山夢明)FILE.002」を取り急ぎ読む予定です。

 QR「超」怖い話コレクターの方は久田さんの記事が載っているページにて作品№097を入手できるので忘れずに!

 個人的な話ですが体調の方は ガタガタ → ガタガ という感じでしょうか?(少しは良くなったかも…)
 
○最近読んだ本(又は作品)
 怪物のような顔の女と溶けた時計のような頭の男(独白するユニバーサル横メルカトル所収)(平山夢明) ← バリバリの平山節です。
 お迎え(再生ボタン所収)(福澤徹三)

○現在読んでいる本
 再生ボタン(福澤徹三)

○最近買った(又は予約した)本
 檻の中の少女(大石圭)
 蠅の王(田中啓文)
 黒鷺死体宅配便2(原作 大塚英志 画 山崎峰水)
 バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ SIDE B(牧野修)
 新編ク・リトル・リトル神話体系3 ← 注文
 「超」怖い話Λ ← 予約(早く読みたい……)

○最近観たTV
 SP(最終回) ← スペシャルに続くようです…。
 キリンチャレンジカップ2008(サッカー)日本vsチリ ← 次戦を見てから岡田JAPANの期待度を検討したい。 

スポンサーサイト

カラダガダガタ。

 最近はゲーム(ウィザードリィ)に手を出してしまい、ほとんど読書をしていませんでしたが、土曜日は図書館にて少し読書し、その後突然の腰痛により家から動けなくなり、多少読書の時間がとれました。
 図書館では(所持していのにわざわざ図書館で読むこともないのに…)、中断していた平山夢明さんの「独白するユニバーサル横メルカトル」(独白するユニバーサル横メルカトル所収)を読みました。
 最初は地図さんの生い立ちをベラベラと聞かされ、いったいどんな展開が待ち受けているのかと一瞬心配になりましたが、さすが平山先生!これは傑作です。
 平山先生の短編集はまだ未読のものがいくつもあるので今後が非常に楽しみです。
 福沢徹三さんの「再生ボタン」の作品をいくつか読みましたが、こちらも良質な怪談で、すっかり気に入ってしまいました。福澤さんは作品の締め方が個人的に好みです。
 「超」怖い話Λの発売も近づいてきていますし読書の方も真冬の怪談モードへシフトチェンジしていくとしよう。
 なんか、頭も痛くなってきたし、微熱はあるし、腰は痛いし、あちこちガタが来ています。
辛くなってきたのでこの辺で失礼します。
 
○現在読んでいる本
 再生ボタン(福澤徹三)

○最近読んだ本(又は作品)
 厠牡丹(再生ボタン所収)(福澤徹三)
 怪の再生(再生ボタン所収)(福澤徹三)
 幻日(再生ボタン所収)(福澤徹三)
 骨(再生ボタン所収)(福澤徹三)
 釘(再生ボタン所収)(福澤徹三)
 仏壇(再生ボタン所収)(福澤徹三)

「祝山」読了。

 加門七海さんの『祝山』読了しました。
 めでたい名前の山と思いきや実は…。
 この作品は加門さんの実体験を下敷きに書かれている作品との事です。特に何かが出てくる展開は無いのですが、読んでいて「ぞっ」とさせられました。
 読んでいるだけで読者にまで何か巻き込まれてしまうのではないか?と不安を誘う恐怖感を感じるホラー小説です。(そういう意味では、加藤一さんの「弩」怖い話2に共通する恐怖)
 次は『てのひら』つながりで、積まれていた一冊、福澤徹三さんの『再生ボタン』でも読むとしよう。 

 最近、「ウィザードリィ」というゲームの熱が復活してきております。
 一度手放したPSの「リルガミン」シリーズを手に入れたり、買う予定であったがいつの間にか販売されていて(忘れていました…)ネットでも最近入手困難なPS2の「ウィザードリィエクス2廉価版」を昨日偶然ネットのショップで新品を発見し注文(残り1個でした)したり等色々物色しています。
 現在は買っていたが放置していた「BUSIN」を少しずつプレイ中(睡眠前に夜中ひっそりと)。
 ただ、エクス2が手に入りそうなので、これまた途中で放置していたエクスの方のプレイを再開も検討中。 
 ウィザードリィはファミコン版のⅠからプレイしていますが、ハマると大変なゲームです(ついつい時間を忘れて地下に潜り込んで…)。
 ファミコン版からのプレイでしたので個人的にはアスキー作品が好みです。(ディンギルは未プレイです。プレイしてみたいのですが、中古ショップで見かけません)

○現在読んでいる本
 再生ボタン(福澤徹三) ← これから読む予定。

○最近読んだ本(又は作品)
 祝山(加門七海)

○最近借りたDVD
 サイレントヒル ← このゲームはやったこと無いのですが、ゲーム内容にある程度忠実な作品なのでしょうか?ラストを含め謎が残る作品でした。 
 

(やっと)てのひら怪談2読了。

 予定通り、「てのひら怪談2」を無事読み終えることが出来ました。
 てのひら怪談『怖い』と思う作品より『上手い』と思う作品が多いです。(個人的には”怖い”作品に期待しています)

 ということで個人的に特に気に入った3作は以下の通りです。

  ・カミソリを踏む(朱雀門出) ← 痛すぎる作品です。
  ・仮通夜(由田匣) ← 実話かも…。
  ・夏の終わりに(立花腑楽) ← 何となく、不気味です。来年も…。

 それ以外にも、石に沈む、幽霊画の女、夜泣き岩、通夜、不思議なこと、狐火を追うもの、怖いビデオ、マムシ、ハンター等も気に入りました。(他にも気に入った作品はあったのですが、読書期間が長すぎたので忘れてしまいました…ゴメンナサイ)

 とりあえず以上は初読時の感想ですが、てのひら怪談の作品の中には何度か読むうちに作品の印象が変わるものもあるので(自分の読解力不足が原因という話も…トホホ)、時間があるときに少しずつ再読するとしよう。 

 昨日から古本屋にて購入した加門七海さんの「祝山」を読んでいます、なかなか良い(怖い)雰囲気の作品で、今後の展開が楽しみです。

○現在読んでいる本
 祝山(加門七海)

○最近買った(又は予約した)本
 祝山(加門七海)【古本】

○最近読んだ本(又は作品)
 てのひら怪談2

あけましておめでとうございます。

 年末は、何かとドタバタとして何も出過ぎず、年明けは少し時間があったが結局これといって時間をうまく使うことが出来なかったせいか、あっという間に正月休みが終わってしまいそうです。
 読書の方は結局、西浦和也さんの「虚空に向かって猫が啼く」しか読むことが出来ませんでした。
 「虚空に向かって猫が啼く」の感想としては、特にヤバイ話は無かったような気もしますが、全体的に安定感のある正統派実話怪談でした。
 個人的に気に入ったのは、犬の夢、犬の話や禁忌のお堂、洞窟の木箱、エアメールです。
 ゲームセンターの怪や幽霊マンションに関わる話は実話怪談マニアとしては要チェックでしょう。
 しかし、京都の「幽霊マンション」はかなりヤバイ物件ですね…。

 よし、正月休みの仕上げとして、これから日本酒を片手に「てのひら2」の残り20話と、「今度は落とさないでね 2ちゃんねるの怖い話」を読むとしよう。

○現在読んでいる本
 てのひら怪談2
 今度は落とさないでね 2ちゃんねるの怖い話

○最近買った(又は予約した)本
 今度は落とさないでね 2ちゃんねるの怖い話

○最近読んだ本(又は作品)
 虚空に向かって猫が啼く(西浦和也)

○最近買ったCD
 マイ・アイアン・ラング(レディオ・ヘッド)

○最近借りたDVD
 巷説百物語 狐者異

○今後買う予定の本
 01/10 空中ブランコ(奥田英朗)
 01/25 檻の中の少女(大石圭)
 01/25 蠅の王(田中啓文)
 01/25 黒鷺死体宅配便2(原作 大塚英志 画 山崎峰水)
 01/30 「超」怖い話Λ(ラムダ)
 01/?? 新編ク・リトル・リトル神話体系3
 ??/?? リトル・クトゥルー・テイルズ(仮)


 

FC2カウンター

カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。