スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしもし

 この話は、新「超」怖い話(勁文社文庫21)と怖い本1(ハルキホラー文庫)に所収されています。
 著者も冒頭で書いている通り、とても不思議な話です。
 電話が鳴った事と殺人事件現場の関係が有るのかは不明です。
 しかし、相馬氏が電話を取っただけでは無く、相手の方も電話に出たという偶然が普通ではない何かを感じますね…。
 殺人事件現場でなくても、私がその場にいて公衆電話が突然鳴ったとしても取ることは出来ませんね。電話が鳴った時点でビビってしまいます。
 昔、実際に歩いていて突然、公衆電話が鳴っていた事が有りましたが、スルーさせていただきました。 
スポンサーサイト

ボールをつく子

 この話は、新「超」怖い話2(勁文社文庫21)と怖い本1(ハルキホラー文庫)に所収されています。 
 今回は怖い本1を読み返し書いていますが、一話目からきつい話です。交通事故を見た驚き、追われる恐怖、見てしまった恐怖、最後にボールの登場と次々と読者を追い込んでいきます。しかし高木君はその後は何もなかったんでしょうかね?

FC2カウンター

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。