スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやかし通信『怪』。

 大迫純一さんのあやかし通信『怪』読了。
 この本は2年以上前に購入していたが、積読本の中に埋もれていたのを、2ヶ月前くらいから読み始めていた。
 カバンの中に入れ外出先で暇なときに読んでいたのでなかなか読み終えることが出来なかった。
 新耳袋等と話がかぶっている物もあるが、それは本の中で著者が説明しています。(ただ話の内容がちょっと違……)
 「きじまさん」の話とか「こうたろう」の話など結構興味深い話が載っていて楽しく読めました。(2ヶ月前から読んでいるので最初の方の内容を忘れてしまってるのは内緒です…)
 最後の方だと「首無し地蔵」の話も結構怖い話でした。まだ、その地蔵って存在してるんでしょうか? 未だに毎年四人…、だったらヤバすぎ。(ただ、本文の冒頭で「その踏切に寄り添うように、石の地蔵があった。」と過去形とも読みとれるので、もう無いのかもしれませんが)
スポンサーサイト

異形の白昼

 前から欲しかった「異形の白昼」という本をブックオフにて手に入れました。
 一度、図書館で借りて読んだ曾野綾子さんの「七色の海」に所収されている「長い暗い冬」がまた読みたくなり、調べてみると「異形の白昼」という本にも掲載されていることを知り、ブックオフへいくことがあれば探していたのですが、やっと発見できました。しかも105円。
 曾野綾子さんだけではなく、筒井康隆さんや星新一さん等、恐怖小説では有名な方々の作品が載っており大変得した気分です。
 この本には掲載されていないのですが筒井康隆さんの作品では、「走る取的」や「乗越駅の刑罰」などは怖かったですね~。
 そーいえば以前、ショートショートな作品が読みたくなり星新一さんの「ようこそ地球さん」を買ったが、まだ読んでいなかった気が…。
 
 平山先生の「シンカー」の続編「サルベージ」が問題小説6月号から連載されるようなので、買おうかな~、それとも新書等でまとまるまで我慢するか悩みどころである。
 「シンカー」もそーいえばブックオフで手に入れたもんな~。気づいたときには絶版だったから売ってた時は「偉いぞブクオ!ー」と心の中で叫んでしまった。

FC2カウンター

カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。