スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「「超」怖い話Σ」読了。

 加藤一編著の「超」怖い話Σを読みました。

 「超」怖い話誕生二十周年という記念すべき作品。
 この世に怪がある限り「超」怖い話は続く事でしょう。
 
○印象に残った作品一口メモ
・不運な奴 → 許されない行為。
・死骸釣 → 偶然であればよいけど。
・I Hate → 祖父が戦地で何を……
・ウィスキー → 良い話。
・関係性があるかは、分からない → 何とも言えない厭な感じ……
・ジャポニカ → 過去に何かがあったのでしょうか……
・祖父の万年筆 → 大事にしてください。
・祖父図絵 → 恨みがあったのか。厭な話。
・禁域 → 何が埋まっていたのでしょう。
・カミを見る → カミさんが沢山現れることのない世の中を望みます。
・あいがと、あいがと → 良い話。

 普段はあまり先入観を抱きたくないので、某掲示板などの情報を極力目を通さないようにしていたのですが、今回は、本書を読む前に目を通してしまい、何だか随分と評価が悪いようなので心配になってしまいました。
 確かに、終盤までは数話しか印象に残る作品が無く、どうしてしまったのだろうと……(何か読みづらさも感じ、読む気分がのらないという状況もあり)
 ただ終盤は、いつもの「超」怖い話らしさが戻ったので安心しました。
 やはり、月刊に近い「恐怖箱」シリーズ等の刊行もあり、多少息切れを起こし始めている事が危惧されます。
 怪談ジャンキーとしては、「超」怖い話シリーズは常にクオリティーが高く、他の実話怪談集の追随を許さない物であって欲しいので、そのあたりを次作では実話怪談好きの思いを汲んでほしい。 
  
○最近読んだ本(又は作品)
・「超」怖い話Σ(加藤一編著)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

kalu.rさんも、前半(で読みにくさを感じてらっしゃったんですね。私だけだったらどーしよーかとおもってました。(^^;
ジャンキーには月刊ペースも嬉しいんですが、それ以上に「より」怖い話が読みたいですよね。

Re: No title

> こたつさん
ご無沙汰しております。(いつもブログの方は楽しく拝見させていただいているのですが、出不精なもので……コメントせずに読み逃げばかりですいません)

今回の読みにくさは、他の怪談読みの方々も感じているかも知れませんね。
確かに、一時期は量産体制に喜んでいましたが、最近は「量」より「質」を求めています。(わがままかも知れませんが……)
ジャンキーとしては、「特級の怖さ品質」の「超」怖い話が読みたいですね。

FC2カウンター

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

kalu.r

Author:kalu.r
実話怪談等ホラーな本全般、サッカー、水曜どうでしょうなどを好みます。

ブログ内検索
リンク
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。